もろもろおしらせです

  今日は一日雨模様ですね、ちょうどタイミングよくてるてる坊主の絵を描いています(笑)

今月、ふたつのグループ展に参加致します。
「Send A Smile Exhibition」
箱根ホテル ロビーフェア
2011年6月7日(火)~6月23日(木)
10:00~18:00
後援 株式会社クサカベ
参加作家 上原結子さん 成瀬修さん 藤田美菜子
箱根ホテルアクセス
〒250-0521 神奈川県足柄下郡箱根町箱根65
箱根の芦ノ湖畔にある箱根ホテルでの3人展です。
紫陽花の綺麗な季節、箱根での滞在の思い出のひとつになるような展示となったら嬉しいなと思っています。箱根滞在のご予定の方がいらっしゃいましたら、3週間程展示しておりますので、是非お立ち寄りください!
「水景」
2011年6月17日(金)~22日(水)
11:00~19:00(最終日は17:00まで)
オープニングパーティー 6月17日(金)18:00~20:00
参加イラストレーター
北原明日香さん 田口実千代さん 平澤朋子さん 蓑島恵美さん 藤田美菜子
水にまつわる景色をテーマにした5人展です。以前グループ展でご一緒させていただいた方も今回はじめてご一緒の方もいらっしゃり、とても楽しみです!
在廊予定日
17日、18日、19日、22日(変更の可能性がありますので、その際にはこちらのブログでお知らせさせて下さい。)
そして最後に。
お知らせが遅くなってしまいましたが、現在発売中の雑誌「FRaU」にて、山崎ナオコーラさんのエッセイ「こいびと日記」のページのイラストレーションを担当しております。題字や山崎さんのお名前も描かせていただいて、ワクワクしました。山崎さんが、ほんものの恋人との日々を綴った日記調のエッセイで、恋愛だけでなく作家としての日々の過ごし方や想いも伝わってきます。是非お手に取ってみられてくださいね。今月号のテーマは表紙のとおり「30歳からの恋の教科書」。大人~、と思いましたが、自分の年齢を考えたら、意外と近い将来のことなのでした(笑)水原希子さんの表紙もとてもキュートです。
「FRaU」6月号
発行 講談社
AD+D Dynamite Brothers Syndicate

音楽之友社「ムジカノーヴァ」6月号

発売中の、音楽之友社「ムジカノーヴァ」6月号にて誌面のイラストレーションを担当しております。
ムジカノーヴァ 2011年6月号
特集の「将来を見据えたピアノ教育」のページです。
わたしもこどもの頃にピアノを習っていました。とても素敵な先生で、新しい曲にきりかわる時に、必ず一回、一曲とおして弾いてくれる時間がとても好きでした。毎回、すごいな~こんなふうに弾きたいな~と思って聞きほれていました。
特集の扉の絵です。音楽を通して明るい未来を想像できるようなものにしたい、と思いながら描きました。
『ムジカノーヴァ』6月号
編集・発行 音楽之友社

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このところ夏のような日射しだったり今日のように雨だったり、お天気が不安定ですね。
晴れた日に、家の近所にある「旧古河庭園」に行きました。
家から歩ける距離ですが、ちょっとだけ外国みたいです(笑)
たくさんの種類の薔薇たちが咲きほこっていました。
自然の色とかたちはほんとうに綺麗ですよね。

「chakra」vol8 パワーストーンページ

 発売中の「Chakra vol.8」にて、付録のパワーストーンブレスレットの特集ページのイラストレーションを担当しております。6見開きあるのですが、それぞれの石の意味や幸福なイメージをちりばめたページになっています。パワーストーンの種類の多さにびっくりです。

「Chakra」vol.8
発行・編集:アイア株式会社

HPイラストレーション更新のお知らせ

 

ホームページのイラストレーションページ(←click)を更新しました。
4月の個展「Mother Goose」の作品が見られるようになりました。マザーグースの唄の後に絵を入れていますので楽しんでみていただけたら嬉しいです。
いままでの作品はillustration gallery1と2に入れています。
WORKSページも少し更新しています。

「chakra」vol7メッセージページ

巻頭の、みなさまへのメッセージページのイラストレーションを担当致しました。
「Chakra」vol7
発行・編集:アイア株式会社
桜がおわって急に暖かくなり、いまはどこも色々な植物であふれていますね。
自然の流れの強さを感じます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
久し振りに映画をみました。
どうしても観ておきたかった作品です!
「ぼくの伯父さん」のジャック・タチの脚本ですが、半世紀もの間フランス国立フィルムセンターで眠っていたものを、タチのお嬢さんがシルヴァン・ショメに託し、ショメが監督、脚色、キャラクターのデザインに作曲もてがけて去年発表した作品だそう。
主人公の手品師タチシェフ(タチの本名と同じネーミングです!)と、スコットランドの離島の少女アリスの物語。タチから自分の娘へのメッセージのような作品は、面白くて優しくてせつなかったです。アニメーションもイラストレーションも音楽も、すべてが大好きでした。魔法にかかった80分間でした。