Category Archives: 仕事

『ムジカノーヴァ』7月号

あっというまに紫陽花の季節となりました。梅雨の晴れ間には、もう夏を感じる空気ですね。

私たちの暮らしが、自然の大きな力とともにあるということを感じる日々、報道で伝えられる心痛まる事件、心がざわざわと音を立てるようなことも多いです。

ひとりでも多くの方に、日常を感じられる日々が少しでも早くおとずれてほしいと思っています。

**********************************************

 

ピアノの月刊誌『ムジカノーヴァ』発売中の7月号のご紹介です。

表紙絵と、連載中の「楽器ミュージアム」、付録の「おんぷすごろく」の絵も担当致しました。

h-mini

e-mini

g-mini

“小さなピアニストに寄り添うさわやかな風、きらめく光のスポットライト。

しずかで大切な、ぼくの時間。”

初夏の空気感と、ピアノを弾いている時にどこか特別な場所にいけるような・そんな良い気持ちが伝わるといいなと思っています。

 

連載中の「楽器ミュージアム」。前回の第6回は木管楽器の「フルートとピッコロ」でした。

01mini

 

bmini

 

今月号、第7回は木管楽器の2回目、「オーボエとイングリッシュ・ホルン」です。

02mini

d-mini

楽器ミュージアム連載挿絵は、こちらよりご覧頂けます。こちらはまだまだ連載が続いていきますので、どうぞよろしくお願い致します!

 

『ムジカノーヴァ』7月号

発行・編集:音楽之友社

小説NON『ドアを開けたら』連載挿絵 No.10 最終回

祥伝社『小説NON』にて連載中でした、大崎梢さんの書かれている『ドアを開けたら』。

発売中の7月号で、無事に最終回を迎えました。

日々の流れのなかで感じている”ささやかな心の声”のようなものから逃げずに、向き合い、丁寧に寄り添ってくれるような物語でした。

主人公二人の、これからの道を応援しています・・・!

no10mini

 

amini

 

b

 

初回からの挿絵は、こちらのページでご覧いただけます。

http://minakofujita.com/works/祥伝社『小説non』「ドアを開けたら」大崎梢・著

 

『小説NON』2017年11月号〜2018年7月号

大崎梢・著『ドアを開けたら』第10回 最終回挿絵

発行・編集:祥伝社

小説NON『ドアを開けたら』連載挿絵 No.9

祥伝社『小説NON』にて連載中の、大崎梢さんの書かれている『ドアを開けたら』。

連載第9回の挿絵です。

b-mini

c-mini

 

d-mini

 

疾走感のあった今回。物語はクライマックスへと走り出しました。

主人公のふたりが、それぞれに少しでも光のみえる方へ進んでほしいという想いがつのっています。

どうぞ次号もお楽しみに。

a-mini

 

初回からの挿絵は、こちらのページでご覧頂けます。

http://minakofujita.com/works/祥伝社『小説non』「ドアを開けたら」大崎梢・著

 

『小説NON』2017年11月号〜連載中

大崎梢・著『ドアを開けたら』第9回挿絵

発行・編集:祥伝社

『小説NON』『ドアを開けたら』連載挿絵No.7 No.8

祥伝社『小説NON』にて連載中の、大崎梢さんの書かれている『ドアを開けたら』
連載第7回、第8回の挿絵を紹介致します。

いま、第9回目の挿絵をつくっています!

第7回

07monomini

07mini

第8回

08minimono

08mini

 

初回からの挿絵は、こちらのページでご覧頂けます。

http://minakofujita.com/works/祥伝社『小説non』「ドアを開けたら」大崎梢・著

物語はだんだんと佳境へ進んでいっています。無事に完走したいです◎

次回をどうぞお楽しみに・・・!

 

新緑美しい時期のはずですが・・・最近はもう初夏を思わせる日々ですね。みなさま素敵なGWをお過ごし下さい。

may02mini

maymini

小さな額絵のご紹介

ティールグリーンの展示会場では、ボワットちゃんの絵本原画と合わせて、小さめの額絵も飾りました。

身近な植物や風景、旅先での情景、イメージの世界・・・小さい世界に想いをこめる作業は、いつも大好きです。

02mini

01mini

fmini

《ティールグリーンの箱》

お店の絵柄の入った箱をひらくと・・・穏やかな風景と沢山の絵本を読んでいる女の子。お店のシンボルのカモの親子もいます。

絵本は、私が昔から好きだった「ちいさいおうち」や「みどりのゆび」「のばらの村の物語シリーズ」など、、小さいですが描きました。

gmini

《アイビーのいのり》

聖家族の絵は、クリスマスの風景で描かれることが多いですが、いつの季節にもあてはまる美しい出来事なので、アイビーの緑に合わせて描きました。

amini

《for you…》

鉢植えで育てている、パルマスミレという品種のお花を。花びらがひらひらとフリルしている可憐なお花です。

bmini

《spring has come》

チューリップにマメのお花、カーネーションにスカビオザ・・・春の花束のイメージです。

dmini

《ドングリのむこうがわ》

まだ実が落ちる前、枝についたドングリと木々の造形が美しく、ずっと見ていたくなりました。ドングリの奥には光溢れる世界が・・・。

emini

《happiness》

いっせいに咲きだしたポピーの花を。蕾からお花が咲くまでの変化が、とても面白く美しい花です。

cmini

《やなぎのこもりうた》

フランスの、ジヴェルニー。モネの庭での情景からのイメージです。

imini

《しあわせな時間》

好きな本をひろげながらのティータイム。ゆったりした時の流れを描きたいと思いました。

hmini

《I’ll be always here for you  いつもここに》

いつも眺めている、ご近所にある大きなイチョウの樹です。まだ新芽のない、春待つ季節でしたが、

雀やオナガ、ヒヨドリなど、いつもたくさんの鳥たちの宿り木となっています。春夏秋冬、いつの季節に見ても、美しい樹です。