Category Archives: 仕事

『小説NON』『ドアを開けたら』連載挿絵No.7 No.8

祥伝社『小説NON』にて連載中の、大崎梢さんの書かれている『ドアを開けたら』
連載第7回、第8回の挿絵を紹介致します。

いま、第9回目の挿絵をつくっています!

第7回

07monomini

07mini

第8回

08minimono

08mini

 

初回からの挿絵は、こちらのページでご覧頂けます。

http://minakofujita.com/works/祥伝社『小説non』「ドアを開けたら」大崎梢・著

物語はだんだんと佳境へ進んでいっています。無事に完走したいです◎

次回をどうぞお楽しみに・・・!

 

新緑美しい時期のはずですが・・・最近はもう初夏を思わせる日々ですね。みなさま素敵なGWをお過ごし下さい。

may02mini

maymini

小さな額絵のご紹介

ティールグリーンの展示会場では、ボワットちゃんの絵本原画と合わせて、小さめの額絵も飾りました。

身近な植物や風景、旅先での情景、イメージの世界・・・小さい世界に想いをこめる作業は、いつも大好きです。

02mini

01mini

fmini

《ティールグリーンの箱》

お店の絵柄の入った箱をひらくと・・・穏やかな風景と沢山の絵本を読んでいる女の子。お店のシンボルのカモの親子もいます。

絵本は、私が昔から好きだった「ちいさいおうち」や「みどりのゆび」「のばらの村の物語シリーズ」など、、小さいですが描きました。

gmini

《アイビーのいのり》

聖家族の絵は、クリスマスの風景で描かれることが多いですが、いつの季節にもあてはまる美しい出来事なので、アイビーの緑に合わせて描きました。

amini

《for you…》

鉢植えで育てている、パルマスミレという品種のお花を。花びらがひらひらとフリルしている可憐なお花です。

bmini

《spring has come》

チューリップにマメのお花、カーネーションにスカビオザ・・・春の花束のイメージです。

dmini

《ドングリのむこうがわ》

まだ実が落ちる前、枝についたドングリと木々の造形が美しく、ずっと見ていたくなりました。ドングリの奥には光溢れる世界が・・・。

emini

《happiness》

いっせいに咲きだしたポピーの花を。蕾からお花が咲くまでの変化が、とても面白く美しい花です。

cmini

《やなぎのこもりうた》

フランスの、ジヴェルニー。モネの庭での情景からのイメージです。

imini

《しあわせな時間》

好きな本をひろげながらのティータイム。ゆったりした時の流れを描きたいと思いました。

hmini

《I’ll be always here for you  いつもここに》

いつも眺めている、ご近所にある大きなイチョウの樹です。まだ新芽のない、春待つ季節でしたが、

雀やオナガ、ヒヨドリなど、いつもたくさんの鳥たちの宿り木となっています。春夏秋冬、いつの季節に見ても、美しい樹です。

イラストレーションファイル2018掲載のお知らせ

玄光社より発売中の「イラストレーションファイル2018」
今年も下巻に掲載がございます。上巻は『あ~さ行』、下巻は『た~わ行』の方が載っております。

fujita-mini

今年度もまたひきつづき、よろしくお願いいたします。

12mini

3月はじめにお花やさんで選んできた、ひとえのラナンキュラス。

花芽がたくさんついていて、少しずつつめながら、まだ楽しませてもらっています

02mini

ベランダにも春がきています。

03mini

04mini

今年は桜の見頃が早かった東京です。

01mini

『ランドセル名作 3つのプレゼント』 内「しあわせな王子」挿絵

学研よりシリーズで刊行されている『ランドセル名作 3つのプレゼント〜小人とくつや けんじゃのおくりもの しあわせな王子〜』の中の、「しあわせな王子」の物語の挿絵を担当致しました。

絵本から読み物へと移るような時期のお子さんを中心に、短いお話、中くらいのお話、長めのお話、と読み進めていただけるよう、3つの物語で構成されたシリーズの7作目です。

01mini

 

「しあわせな王子」はアイルランド出身の詩人・作家オスカー・ワイルドが原作者で、街の広場に立つ金色の王子さまの像と、男の子のつばめとの、愛おしく美しい童話です。

こどもの頃に読んでから、ずっと好きな物語です。王子のあまりの献身ぶりは心に響く読書体験で、初めて読んだ時には大きなショックも受けながら読み進めた記憶がありますが、読み終わると、優しさと尊さに溢れたこのお話の世界観に心から魅了されていました。

まさかこんな形で、このおはなしと再会できるなんて思ってもいませんでしたので、巡り合わせが本当に嬉しく、感謝しています。

02mini

03mini

04mini

05mini

06mini

 

a-mini

13mini

 

b-mini

08mini

14mini

09-b

 

c-mini

10-bmini

11mini

12mini

全体を通して、夜のシーンが多い物語。どこか暖かみのあるものにしたいと思い、いろいろな色・トーンで「夜」を描けたことも印象深いです。

間所ひさこさんの、やさしい語り口が柔らかくしみこんできます。

小さいみなさんだけでなく、年齢を重ねたみなさんにも、是非いまいちど、楽しんでいただけたら嬉しいなぁと思っています。

 

『ランドセル名作 3つのプレゼント』〜小人とくつや けんじゃのおくりもの しあわせな王子〜
「しあわせな王子」(オスカー・ワイルド 原作)挿絵

文:間所ひさこ
装丁:丸尾靖子
監修:横山洋子
企画編集:井上茜
発行:学研

 

 

 

JR東日本広報誌「JREAST」[3月春号]表紙&扉絵

「JREAST」[3月春号]の表紙と扉絵に、絵をご使用いただきました。

jreastmini

春に長野県の小諸を歩いていて見上げた空を描いた絵です。

02mini

表1から表4まで、ぐるりと爽やかであたたかいデザインにしていただきました。

04mini

扉の目次ページにも・・・。

03mini

見上げた木々にこんなに緑の葉がそよぐのは、まだもう少し先ですが、お手にとられた方々に、柔らかなそよ風を感じて頂けますように。

おだやかな春の日は、もうすぐそこに・・・。

「JREAST」[3月春号]
クライアント:東日本旅客鉄道株式会社
編集・制作:株式会社ケイオフィス
アートディレクション:株式会社坂川事務所
デザイン:D.tribe

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

05mini

ご近所のイチョウの樹も、まだまだ冬の装いですが、それでも鳥たちの大切な宿り木となっています

新しい葉っぱを見られる日が楽しみです。