Author Archives: minako fujita

『東京の名教会さんぽ』挿絵

東京をはじめ、神奈川、千葉、埼玉にある73の教会を丁寧に紹介した1冊『東京の名教会さんぽ』(鈴木元彦・著 発行:エクスナレッジ)にて、挿絵を担当いたしました。

kyokai01

73ある教会ひとつひとつの紹介のページに1点ずつの挿絵と、その他本文の挿絵を描いております。

a-mini

b-mini

d-mini

f-mini

g-mini

h-mini

c-mini

 

小さなサイズの絵ですが、ひとつずつコツコツ描いていく日々でした。

01mini

02mini

03mini

04mini

05mini

06mini

07mini

不安やおそれ、といった抽象的なイメージも。

09mini

 

教会建築の絵も描きました。

10mini

08mini

ページをめくるたびに心休まるような、静かで美しい1冊です。

 

 『東京の名教会さんぽ』

鈴木元彦・著

発行:エクスナレッジ

表紙デザイン:細山田デザイン事務所(米倉英弘)

編集協力・本文デザイン・組版:ジーグレイプ

『ムジカノーヴァ』新連載「楽器ミュージアム」挿絵♪

ピアノの月刊誌『ムジカノーヴァ』2017年11月号よりはじまった新連載「楽器ミュージアム」のページにて、挿絵を担当させていただいております。

m01mini

毎月、楽器をひとつピックアップし、その構造や歴史、音色やその楽器で演奏される楽曲について知ることができる連載です。
楽器の絵と、演奏者の絵を描いております。

楽器の絵は、間違えてはいけないポイントが多いですが、「解説図」という印象から少しはなれて、「絵」として楽器のまとう雰囲気を感じていただけるようなものにできたらいいな、という想いで描いています。

どうぞ楽しんでいただけますように・・・♪

11月号「ヴァイオリン」

g-01mini

 

12月号「ヴィオラ」

g-02mini

 

1月号「チェロ」

g-03mini

 

『ムジカノーヴァ』11月号 〜 新連載「楽器ミュージアム」挿絵

文:湯浅玲子

発行:音楽之友社

『小説NON』『ドアを開けたら』連載挿絵No.2-No.4

祥伝社『小説NON』にて連載中の、大崎梢さんの書かれている『ドアを開けたら』。

第2回〜第4回の挿絵です。

door02mono

02

03mono

door03

 

doormono04mini

door04mini

主人公ふたりとともに謎に近づいていく楽しさはもちろん、登場人物それぞれのキャラクターが少しずつ見えてきて、そちらの感情の物語にもひきつけられています。

物語のまとう空気感によりそいながら・・・次号をおたのしみに。

 

第1回からの挿絵はこちらよりご覧いただけます。

http://minakofujita.com/works/祥伝社『小説non』「ドアを開けたら」大崎梢・著

 

『小説NON』2017年11月号〜2018年1月号
大崎梢・著『ドアを開けたら』第2回〜第3回
発行・編集:祥伝社

『ムジカノーヴァ』音楽地図 第9回 北欧

ピアノの月刊誌『ムジカノーヴァ』で連載中のとじ込み付録「音楽地図」。
ご紹介が遅れてしまいましたが、12月号の第9回は、北欧でした。

深い森の色、澄んだ水の色、雪の白・・・はく息が白くみえるような、すっきりとした色合いの絵地図となりました。

hokuou-map-mini

 

オーロラにサンタクロース、スウェーデンのダーラナホース。

 

hokuou-02mini

 

ノルウェーのフィヨルドに、妖精トロル、クロスカントリースキー、ノーベル賞。

 

hokuou03mini

 

フィンランドの森と湖、デンマークの人魚の像と、ハムレットの舞台として有名なクロンボー城。

 

hokuou04mini

 

『ムジカノーヴァ』12月号 とじ込み付録「音楽地図」(監修:湯浅玲子/隔月連載)
第9回 北欧
発行:音楽之友社

Merry christmas 2017

joy-mini

 

今年もクリスマスの日をお迎えすることができました・・・

東京はおだやかな晴れた空です。

どうぞみなさま、あたたかな年の瀬をお迎えくださいませ。

May your days be merry and blight・・・☆☆☆

joy-04mini

 

joy03-mini

 

joy02

2017年12月25日