Category Archives: 展示

ご来場ありがとうございました

土曜日に、「クリスマスに起こる奇跡 5つの食卓展」会期が終了しました。師走の慌ただしいなかご来場下さったみなさま、気にかけて下さったみなさま、ありがとうございました!ご一緒させていただいた、カトウさん、小関さん、林さん、もときさん、そしてギャラリーのみなさま、お世話になりました、ありがとうございます。
展示の様子です。
ルドウィヒ・ベーメルマンス作「山のクリスマス」(1953年初版・岩波の子どもの本)の、表紙、挿絵イメージを2点、そして想像上のディナーの絵を展示しました。
主人公ハンシが、オーストリアのチロル地方にあるおじさんの家ですごすクリスマスのお話です。作者のこどもの頃の体験がもとになっている穏やかなストーリーにあうような、クラシックで懐かしい雰囲気の絵本をイメージしました。
表紙のイメージ
クリスマスプレゼントをもらうシーン
クリスマスイヴの夜のシーン
ハンシが食べたであろう想像のディナー。チロルの伝統料理を描きました。
展示した以外にも何場面か挿絵を描いてみたので、手作り感満載ですが絵本仕立てのものをつくってみました。
もうすぐ本当にクリスマスですねあっというまに年の瀬です・・・
この間の皆既月食、みなさん見られましたか!?
月と太陽と地球が、みな一列に。家の前で、とても綺麗にみえました。すごいなぁ、宇宙。

在廊時間の変更のおしらせ

 クリスマス絵本を題材にしたグループ展「5つの食卓」が、月曜日からはじまりました。毎日寒い日が続いていますが、ご来場下さったみなさま、ありがとうございます!

明日明後日の在廊時間の変更のおしらせです。
明日は、15時頃から在廊予定だったのですが、どうしても会場に行けなくなってしまいました。。。すみません。最終日の土曜日は、ギャラリーの開く13時~18時のラストまで会場にいる予定です。
直前のご連絡となってしまってごめんなさい。
とても暖かい空間になっておりますので、お立ち寄りいただけましたら嬉しいです。
「クリスマスにおきる奇跡 5つの食卓」展
 12月5日(月)~12月10日(土)
13:00~20:00まで(最終日は18:00まで)
オープニングパーティーは12/5 18:00-20:00

こんな、絵本仕立てのものをつくってみました~。会場に置かせていただいています。

クリスマスにおきる奇跡「5つの食卓展」のおしらせ

12月のはじめに、グループ展に参加致します。しばらくこの記事がトップにでます!

「クリスマスにおきる奇跡 5つの食卓」展
 12月5日(月)~12月10日(土)
13:00~20:00まで(最終日は18:00まで)
オープニングパーティーは12/5 18:00-20:00
世界のクリスマスの物語を、5人のイラストレーターが描きます。
DMでは、お話のなかにある・もしくは主人公たちが食べたであろうディナーを描いています。
カトウミナエさん《くるみ割り人形》
小関祥子さん 《サンタクロースっているんでしょうか》
林なつこさん 《クリスマスのものがたり》
もとき理川さん 《プチ・ニコラのすばらしいクリスマス!》
わたしは、こちらの絵です。
《山のクリスマス》という、主人公ハンシがチロル地方の山にあるおじさんの家ですごすクリスマスを描いた絵本を担当しています。
この本は、「マドレーヌと犬」のシリーズを描いたルドウィッヒ・ベーメルマンスが最初に出版した絵本です。ここにでてくるチロルの冬の過ごし方は、作者自身の子供の頃の思い出と重なっているようです。おおきなことが起こるお話ではありませんが、とてもあたたかく懐かしい気持になるような一冊です。
ベーメルマンスのお孫さんが書かれたこの大型本をいま読んでいるのですが、絵もたくさん入っていて美しい一冊です!
『Bemelmans マドレーヌの作者の絵と生涯』
ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ 著
福本友美子 訳
師走に入りお忙しい時期かと思いますが、会場でお目にかかれましたら嬉しいです!
こちらは、作品に登場する、犬のワルドル!
追記
在廊予定
12月5日(月)18時以降
   6日(火)18時以降
   7日(水)~10日(土)までは15時位から在廊予定です。
また時間の変更などありましたらこちらでお知らせさせて下さい。
よろしくお願いします!

ご来場ありがとうございました。

 オーパギャラリーでの5人のグループ展「水景」、ご来場下さったみなさまありがとうございました。無事に昨日終了致しました。

ご一緒させていただいたみなさん、ギャラリーのスタッフみなさん、どうもありがとうございました。「水のある風景」という題材、とても描くのが難しいテーマでした。
今回わたしは、旅先のどこかの海や川のイメージで5点の作品を描きました。昼間の明るい海、夕暮れ時や夜などのさまざまな時間帯の水の風景を楽しんでいただけていたら嬉しいです。
グループ展は、個展とは違う緊張や刺激がたくさんの日々です。今回いただいた感想や味わった気持を忘れずに、次にまたつなげていきたいです。
それにしても急に蒸し暑い日々ですね。みなさん体調にはお気をつけてお過ごし下さい!

「水景」展、在廊日のおしらせ

OPAギャラリーで開催中の5人展「水景」。ご来場くださったみなさまありがとうございます!展示は22日(水)までです。

わたしは今日は在廊できず、明日21日(火)は18時~19時、22日(水)は13時~17時(最終日は17時に終了です)まで、在廊します。
DMをお送りした方、お知り合いの方はもちろんですが、お散歩がてらの通りすがりの方が「涼しげな空間ですね」と見てくださるのもとても嬉しいです!
ギャラリー近くの展示も興味のあるもの、素敵なものがたくさんあるので、少しだけご紹介させて下さい!
「山下以登個展 キップル雑食系」
限られた色数で描かれた物語の世界、こころひかれます!22日(水)までです。
「驚くべき学びの世界展」
 昨日来てくれた友達から聞いた展示です。まだ見ていないのですが、ホームページを見たらとても気になりました。
「ヒラタ ノ ボウシ 平田暁夫帽子展~伝統のフォルム・未来へのエスプリ~」
ギャラリーのオーナーさんから伺って見てきました!ひとつひとつの帽子、デザインに息をのみます。本当にすごいです。7月3日まで、会期が延長になったようなので、わたしも後何回か見に行くつもりです。いつかいつか、ヒラタさんデザインの帽子を被って歩きたいです・・・!
「こどもの情景ー戦争とこどもたち」
東京都写真美術館(ちょっとだけ場所ははなれますが・・・)
戦中、戦後の国内外のドキュメンタリーカメラマンたちが撮ったこどもの情景を集めた展示のようです。いつかの新聞に掲載されていた、W.ユージン・スミスの「楽園への歩み」という、森へ入っていく兄妹の写真にひとめぼれして、見たくなった展示です。